チキンのコンフィー

イタリアンはリーズナブルな価格で食べられるお店がたくさんありますが、フレンチは中々ないものです。あったとしても、コースで1万円以上と結構お財布に痛い!!
そこで、お家でフレンチを楽しんでいます。
フランス料理の代表の1つに「コンフィー」と言うものがあります。
コンフィーとはフランス語の動詞「コンフィル」(”confire”、「保存する」)を語源だそうです。

本場フランスではガチョウ、アヒル、鴨などを使います。

アヒルのコンフィー(Wikipedia)

これらのお肉を、油で揚げるのではなく、低温(100°~120°)で「煮る」のです。
。肉に塩とハーブをまぶして油脂の中で低温で加熱します。常温まで冷めたら、そのまま冷やして凝固した油脂の中で保存!
つまり、冷蔵庫のない時代の保存食だったわけですね。

日本では、ガチョウとかアヒルが手に入りにくく、しかも高額なので、チキンレッグで安価で出来る、高級感たっぷりの「チキンのコンフィー」をご紹介します。

チキンレッグは、たまにダイエーで売られてましたが、業務スーパーに行けば3本で約500円で買えます。(アメリカ産の冷凍)

このくらいのお肉で十分です。

冷凍の状態で塩をまぶして、冷蔵庫で一晩寝かせます。
ここで、香りづけにハーブをまぶしますが、私は、ローレル、もしくはローズマリーをチキンレッグの上に乗せます。
オーブンで100°から120°で加熱します。
これが「油でゆでる」と言うことです。

120分にセットします。

コメントを残す